トイレを詰まらせる良くある原因

水回りのトラブルで特に起こりやすいのがトイレ。普段からよく使う場所だから、いざ詰まりが発生したら非常に困ってしまいますよね。詰まりの原因によっては、業者に頼まずに自分だけで解決できるケースもあります!

まずはトイレを詰まらせた原因を知ることが大切。トイレ詰まりが発生したら、何を流したのか思い出しましょう。身に覚えがなければ家族にも聞いてみましょう。

以下は、トイレ詰まりの原因となるよくあるケースです。

トイレットペーパーを大量に流した

トイレットペーパーやトイレ用ペーパークリーナーを一度に大量に流すとトイレが詰まるケースがあります。トイレットペーパーの標準使用量は大洗浄で約2m、小洗浄で約1m 程度と言われており、この程度であれば問題はありません。
しかし、再生紙や一部外国製のトイレットペーパーを使用している場合、一度に大量に流すと通常のものよりも詰まりのリスクは高くなります。これらのトイレットペーパーは吸水性が低い傾向があり、大量に流すことで便器内の配管を通過できない危険性が発生します。いくらトイレに流せる紙類でも適量を超えれば詰まりの原因になるため、正しい使用量を守りましょう。
また、適切な水量で流しているかという点もポイント。トイレはタンク内に貯めている水を一度に流す事で、トイレットペーパーや排泄物が流れる構造です。タンク内が満水になる前に続けて流さないでください。

ティッシュペーパーや紙おむつ、生理用品を流した

いずれも水に溶けにくい素材なので詰まりの原因となります。特に紙おむつや生理用品は水を吸収して膨れ上がり、水をせき止めてしまうので注意が必要です。

ペンや携帯電話などの固形物を誤って流した

フタを開こうとしてかがんだときなどに誤って落としてしまう固形物。そのまま流してしまうと便器の内部でつかえ、そこにトイレットペーパーなどが引っかかって排水がうまく行かなくなります。不要なものは落としてしまった場合でもそのまま流してしまいがちですが必ず拾うようにしましょう。

ペット用のトイレ砂を流した

最近増えているがペット用のトイレ砂を流すケースです。ペット用のトイレ砂は吸水性が高いため、内部にこびりついて詰まりを引き起こす可能性があります。また、砂状で細かいので排水管にまで到達しやすく、深刻な詰まりの原因になる恐れも。しっかりと処分するようにしましょう。

 業者に頼む前にチェック!自分で直せるケースも

トイレ詰まりには様々な原因があることが分かりました。原因によっては業者に依頼した方がよい場合と、自分自身で詰まりを解消できるケースもあります。まずは以下の項目に当てはまるものがないかチェックしてみましょう!

自分で直せない場合の原因・症状

・紙以外の固形物を流した
・ 水が上がってスーッと引いた
・ 水が全く流れない

水が上がってスーッと引くような場合、ほとんどが異物を流したことで詰まりが発生しています。また、水が全く流れない現象は、タオルやオムツなどが便器の中にピッタリとハマってしまっていることが考えられます。紙以外の固形物を流してしまった時や、詰まりの原因が分からない場合は、無理をせずに業者に相談しましょう。

自分で直せる場合の原因・症状

・ 流したものは紙類(紙以外の固形物を流していない)
・ 水が全く引かず溜まっている
・ ゆっくり水が引いていく

流したものが間違いなく紙類であれば、ラバーカップ(スッポン)で圧をかけて押し流してみることもオススメです。全く水が引かない場合でも、紙類しか流していなければ薬品やお湯を使って紙を溶かし、詰まりが解消する場合もあります。ただし、紙類といってもトイレットペーパーの芯のような厚いものや固いものはNGです。

トイレ詰まりにはお湯」って聞くけど、本当に効果はあるの?

単刀直入に言うと、ほとんど効果は期待できません。
実際に行った検証の結果、トイレットペーパーに水と50℃のお湯をかけ、それぞれの溶け方を観察しましたが、ほとんど差は見られませんでした。お湯の温度を50℃以上にすれば多少効果に変化があるかも知れませんが、ほとんどの便器は陶器製なので熱湯を使うと割れてしまう恐れがあります。そのため、お湯を使うことはオススメしません。また、ピーピースルーと呼ばれる排水管洗浄剤(劇薬物)を使用する方法も見かけますが、素人には扱いが難しく成功例もほとんど確認できません。
どのような詰まりにおいても、お湯や薬剤は詰まり除去の補助的対策にしかならないと言えます。
まずはラバーカップ(スッポン)を使ってみて、それでもダメなようであればプロに依頼した方がベターです。自己流の方法で事態をより悪化させると、高い作業費や時間をかけることになってしまうので注意が必要です。

詰まりの救世主・ラバーカップ(スッポン)の正しい使い方とは?

お湯を使っても詰まりが解消しない場合は、トイレ詰まりの救世主・ラバーカップ(スッポン)の出番です。ラバーカップには和式用と洋式用があり、最近では節水型トイレ用のラバーカップも登場しているので、ご家庭のトイレに合ったものを選びましょう。

ラバーカップの正しい使い方

(1)ラバーカップを便器の排水口にフィットさせる(※この時にラバーカップがすっぽり浸かるくらいの水がない場合は水を足してください)
(2)ラバーカップを排水口に対して水平にし、ラバーカップ内の空気をすべて抜くように押し込む
(3)ゆっくりと引く
(4)2~3 を数回繰り返す
(5)最後に「これ以上押せない」という状態から、勢いよく引きぬく

仕組みとしては、ラバーカップ内の水を便器に押し込み、吸い込むという動作を繰り返すことで「大きな水流」が生まれ、その力で便やトイレットペーパーの詰まりを崩すイメージです。要は詰まりの原因を引き出すのではなく、水の勢いで解消させるのです。
もし、ラバーカップを使っても詰まりが解消できないようであれば、無理に自分で解決しようとせずに業者に相談しましょう!