原因は水漏れしている箇所で分かる!

家庭内での水トラブルの症状は大まかに分けると2つに分類されます。

1.水道(水栓)のハンドルやレバーをきちんと締めているのに蛇口の先端からポタポタと水がしたたり落ちる
2.水道(水栓)本体の接続部など各所から水が漏れ出す

どちらも水が漏れる箇所によって、水漏れの原因が分かります。

水道(水栓)のハンドルを締めているのに蛇口の先端から水が漏れる場合

内部にあるパッキン(ハンドルタイプ水栓)やカートリッジ(レバータイプ水栓)の劣化や、水を留めるはずのハンドル部分が老朽化によりゆるくなっていることが原因として考えられます。パッキンや各部品などは消耗品なので、(10年以内の水栓の場合)新たなものに交換をすることで直るケースがほとんどです。

水道(水栓)本体の根元や蛇口の付け根、その他の接続部などから水が漏れる場合

接合部分の劣化やナットのゆるみ、または水道(水栓)本体そのものが劣化・破損していることが原因かも知れません。ナットを締め直しても改善しない場合は、水道(水栓)のユニット自体を交換する必要がある場合もあるので、まずは修理店などに相談してみましょう。
ハンドルタイプの水栓の場合、蛇口先端からの水漏れは自分でパッキンを交換すれば直せるケースもあります。しかし、最近のシステムキッチンなどでよく見られる複雑な構造の水道(レバータイプ水栓等)は、素人では修理するのは難しい場合がほとんどです。自分での修理は自信がない、と感じたら、業者に相談した方が良いかも知れません。

水漏れ発見!まずは応急処置

水道(水栓)からの水漏れを発見したら、まずは“水が漏れている箇所”を確認しましょう。そして、あふれ出ている水を止めるために元栓を締めることが重要です。つい「まずは修理を!」と思いがちですが、
水道(水栓)を取り外した瞬間に水が吹き出して周囲が水浸しに…なんてことも起きかねません。また、業者を呼ぶ場合でも到着するまでに水がどんどんあふれ出てくるかも知れません。第一に優先するの
は「水を止める」ことなのです。

でも元栓が一体どこにあるのか分からないという人もいるのではないでしょうか?ご自身の住まいのタイプに合わせて、場所をチェックしてみて下さい。

キッチン・浴室の壁付き水栓の場合

画像の○部分が壁付き蛇口の止水栓になっています。マイナスドライバーで時計回りに回すと止水できます。左側が湯、右側が水になっています。

キッチン・洗面デッキ式水栓の場合

キッチンや洗面所の蛇口の止水は収納扉の中に止水栓が設置差されています。止水栓が点検口奥に収納されている場合があります。ハンドルもしくはマイナスドライバーで時計回りに回すと止水できます。左側が湯、右側が水になっています。

戸建住宅の元栓の場所

宅地内の地面にある水道メーターボックス内にあります。

集合住宅の元栓の場所

廊下の玄関横などのパイプシャフト内にあります。
元栓の場所は引っ越しの時にチェックしておけば安心です。元栓はハンドルを右に回せば簡単に締めることができます。ただし、無理やり回そうとすると配管を損傷ししてしまい、漏水などが起こることもあるので、注意して対応しましょう。

それでも水が止まらない場合

水栓周辺にある止水栓がわからない。 水が止まらなかった場合は、水道局の検診の際に確認する元栓を閉めてください。

水道(水栓)の寿命はどれくらい?


水漏れの原因になる“水道(水栓)の劣化・老朽化”ですが、水道(水栓)の耐用年数をあまり意識することはないですよね。一体、水道(水栓)の寿命はどれくらいなのでしょうか?
家族構成や使用頻度にも左右されますが、一般的なレバータイプ水道(水栓)の寿命は10年程度と言われています。最近のキッチンでよく見かけるシャワーホースが伸びるタイプは、伸縮する際の摩擦の影響もあり寿命はもっと短いといえるでしょう。

以下に当てはまったら、お宅の水道(水栓)は寿命かも?

□ナットを締めても水が漏れてくる
□水道(水栓)本体の根元、蛇口の付け根などから水が漏れている
□ハンドルが固かったり、ぐらついたりする
□水が濁っている、砂などが混じっている

メーカーでは水道(水栓)の老朽化に対応するために「補修部品」を用意していますが、その製造は10年を目安に終了するケースが多く、修繕に必要な補修部品がわかったとしても、手に入れることができないという事態が起こることもあります。運良く補修部品が見つかったとしても、本体自体が老朽化していたり、パーツ同士の接触が合わず新たな水漏れが発生する場合もあります。

部品交換を行うよりも、水道(水栓)本体を新しくした方が手間も料金も抑えられることが多いのが実情です。「水道(水栓)の寿命=水道(水栓)交換のタイミング」と捉えて、新たな水道(水栓)を導入することも検討してみましょう。

水道・蛇口の水漏れを未然に防ぐにはどうしたらいいの?

水道や蛇口のトラブルを防ぎ、より長く使用するためには以下の点を意識することが大切です。

□むやみに水道を使用しない
□バルブやナットの締りをチェックする
□水の流れや勢いを意識する

水道はそのしくみ上、常に水の圧力がかかっているため、ハンドルをひねると水が勢いよく流れてきます。そして蛇口を開閉すれば、その分だけ水道(水栓)自体に圧力がかかります。つまり、蛇口を開閉する頻度が多ければ多いほど水道(水栓)は圧力を受けやすく、それが故障や劣化につながるのです。
水道の無駄な使用は避け、水道(水栓)に負荷をかけないようにしましょう。

また、バルブやナットの締りやパッキンの状態をチェックするなど定期的なメンテナンスも効果的です。
水の流れや勢いに異常があれば、水道(水栓)の損傷や劣化を早めに知るきっかけとなり、大きなトラブルを未然に防ぐことができます。家庭内でも特に使用頻度が多い水道・蛇口だからこそ、丁寧に扱って寿命を長く保ちたいものです。