お風呂の悪臭は排水溝の詰まりが原因かも

一日の疲れを癒やすバスタイム。そんな至福な時間も下水のような臭いが漂って来たら台無しですよね。お風呂から悪臭を感じたら、それは排水溝や排水口を掃除すべき時が来たというサインかも知れません。

浴槽はもちろん、シンクや洗濯パンなどの排水設備には「トラップ」という装置が付いています。トラップの中に水を溜めることによって、排水溝内や排水管、下水から上がってくる悪臭や虫などを防ぐ役割を果たしています。
悪臭が気になる場合は、このトラップが外れていたり、溜っている水が無くなっている可能性があるので確認してみましょう。確認方法は、排水溝のフタを開けてヘアキャッチャーと呼ばれる網状の部品を外し、排水口を見てみるとトラップの状態が分かります。お風呂を長期間使用していない場合など、トラップの水が蒸発してしまい水が無いことがあります。

トラップ内に水が残っているのに悪臭がする場合は、排水口や排水ホースの破損、建て付けの悪さが原因の可能性があるため業者に相談することをオススメします。
もう一つ、悪臭の原因で考えられるのが排水溝内部の詰まりや蓄積汚れです。毎日使う場所だからこそ、知らず知らずのうちに様々な汚れが溜まっていき、それがイヤな臭いの素に。特に下水臭には有毒がガスが含まれていこともあり、体に影響が出るケースもあるため、早急な対策が必要です!

お風呂の排水溝を詰まらせる“犯人”とは?

お風呂の排水溝詰まりは、主に以下のような原因が考えられます。

・髪の毛や体毛、ほこり
・石けんのカス
・皮脂やアカ
・ヘアピンや洗面用品などの固形物

このようなものが排水溝に流れて付着し、蓄積されることで排水の流れ道が細くなってしまい、詰まりの原因となります。

排水溝が詰まるまでの過程

(1)排水の時に、排水管に皮脂やアカが付着
(2)付着した汚れに雑菌が発生しヌメリの原因に
(3)ヌメリに髪の毛や体毛が引っかかる
(4)引っかかった毛に、さらに皮脂やアカ、髪の毛が絡む
(5)汚れの塊がさらに大きくなり、排水の流れを悪くする
(6)排水の流れが悪くなり、排水詰まりに

さらに、お風呂場で靴や衣類を洗ったり、ペットのシャンプーを行うご家庭では、その時に出た汚れも排水溝の詰まりを加速させてしまいます。
排水溝が詰まってからでは対処も大変ですし、業者に頼むことで余計なお金もかかってしまいます。そうなる前に、汚れを解消し、汚れを溜めないように日々のお手入れを徹底することが大切です!

詰まりを防ぐためには、どんなお手入れをすればいいの?

排水溝詰まりを防ぐためには定期的なお手入れがポイントです。その際に使うのは、おなじみのパイプクリーナー。コンビニやドラッグストアでも手に入りやすく、日々のお手入れにはピッタリです。一つ注意したいのが、排水溝が完全に詰まっている状態ではパイプクリーナーは効果を発揮しません。あくまでも日々のお手入れとして活用しましょう。

パイプクリーナーの使い方

(1)排水溝周りの毛や汚れを取る
(2)パイプクリーナーをムラなく流す
(3)少しの熱湯を加える
(4)記載されている時間を参考に数十分間放置する
(5)シャワーなどを使って薬品をよく流す

※劇薬のため商品説明や注意書きを十分に確認しましょう。

これだけの作業で、排水管や排水溝周りを良い状態を保つことができるでしょう。ただ、排水トラップの中にヘアピンなどの固形物が詰まっていては、パイプクリーナーが十分に流れていかない可能性があります。一度排水トラップを外して、固形物が詰まっていないかをチェックすることも大切です。

少しでも詰まりを感じたらパイプクリーナーを使ったメンテナンスを行いたいところです。また、髪の毛などが流れて行かないようにゴミ受けを設けることも効果大。使い捨てタイプであれば掃除する必要もなく手軽に扱えますよ。

もし排水溝が完全に詰まったらどうすればいいの?

パイプクリーナーなどの液体洗剤では詰まりが解消されない場合は、ヘアキャッチャーを外して排水口に固形物が詰まっていないかを確認しましょう。

詰まりの原因となる固形物

・シャンプーのつめかえ用の切り取った部分
・入浴剤の袋の断片
・絆創膏
・ヘアピンや洗面用品

身に覚えがなくても、家族がうっかり流してしまった可能性もあります。これらを取り除いただけでスムーズに流れるようになったケースも多いので、まずはチェックするようにしましょう。

固形物も無く、汚れが完全に固まっているような場合は、ワイヤー製のパイプブラシを使用することが有効です。排水管の奥までワイヤーブラシを送りこんで汚れを削っていくので、初心者には扱いが難しいかも知れません。また、市販されている家庭用のものはワイヤーが短くて柔らかいため、操作性も十分ではなく業者に依頼した方が無難です。

いずれにせよこの状態まで汚れを放置する前に、日々のお手入れをしっかりして、キレイな排水溝をキープするように心がけましょう!