依頼内容

広島県広島市中区のマンションで、便器とタンク間から水が滲み出ている症状が出ており、修理のご依頼がありました。

作業前の状況

作業前の状況はトイレを流すと、便器とタンクの間から水が滲み出ている状態でした。小で流すと滲むぐらい、大で流すと便器周辺に水たまりができる程の漏れ方でした。 原因は便器接続部品の劣化と思われたのでお客様へご説明し、部品の交換をしました。

提案内容

便器とタンクの接続部品(密結パッキン、密結ボルト)の交換

作業内容

密結パッキン・ボルトを交換するにはタンクを取り外す必要があります。 タンク横に設置されている止水栓を閉め、止水栓からタンクに接続している給水管をタンクから外します。 そして便器とタンクを固定している密結ボルトを外し、ようやくタンクを便器から脱着します。タンク裏面にある密結パッキン・ボルトを外すため、画像のような状態にして交換を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様より

「トイレの水漏れに気づき、CM等で知名度のある業者さんにお願いしようか迷いました。ネットで詳しく調べたところ、御社は修理金額の明細を載せていて安心して依頼出来ました。故障原因の説明がわかりやすく、これから故障が出てくる箇所も教えてもらえたので、壊れた際はすぐに修理をお願いします。」 とのありがたいお言葉を頂きました。 こちらこそ今後ともよろしくお願いいたします。