依頼内容

広島県安芸郡府中町のお宅で、ユニットバスのシャワー水栓のシャワー根元から水が吹き出してくるという修理のご依頼がありました。

作業前の状況

ユニットバスのリフォームを10年ほど前にされており、浴室全体がとても綺麗な状態でした。 故障状況を確認するためシャワー水栓を使用してみると、スパウトに吐水すると全く水漏れせずシャワーに切替えたところ水栓とシャワーホースを繋ぐエルボ部品から水が噴き上げてくる状態でした。

提案内容

シャワー接続部のエルボは首振りするような構造になっており、蛇口本体との接続部分にパッキンが入っています。 このパッキンを交換することで直ることもあるのですが、今回はエルボ部品を接続する水栓本体金属部分が変形しているのが水漏れの原因でした。 このような症状が出た場合は修理が出来ないので水栓本体交換を提案し、ご了承いただきました。

作業内容

TOTO製の節水型サーモシャワー水栓(TMGG40E)の交換工事でした。 もともと付いていたサーモシャワー水栓は今回の水栓より上級グレードでしたが、そこまでの機能は必要ないとのことで今回のサーモシャワー水栓となりました。

スタッフより

今回の故障箇所でのご依頼はレアケースです。 数多くの蛇口修理をしますが年間数件ぐらい。 浴室内の壁・天井などを清掃する際にシャワーの水を掛け、その際にシャワーホースを引っ張ることでシャワー水栓の根元に無理な力が掛かることが原因です。掃除方法の工夫が必要かもしれません。