依頼内容

広島県広島市西区のお宅で、洗面台の排水が流れない症状が出ており、修理のご依頼がありました。

作業前の状況

1週間ほど前から洗面台の排水の流れが悪くなっており、今日になって全く流れなくなったようです。 棒状のもので陶器面の排水部分から毛髪などを取り除いても直らなかったとのこと。 症状を確認すると陶器面に溜まった水が全く引いていかずに完全につまっている状態でした。

提案内容

30年以上使用している洗面台なので、Sトラップの分解をせずに陶器面から圧力ポンプでつまりを解消することに。年数が経った水回り器具を分解すると水漏れが発生する可能性が高く、余分な修理費用がかかってしまいます。

作業内容

洗面台の陶器上面から排水口を覆うように圧力ポンプを使用。洗面下にあるSトラップ内だけでなく、床下の排水管まで詰まっていたため少しずつつまり箇所を崩していき、時間を掛けてつまりを解消しました。 解消後の試し流しでは陶器面に水をイッパイ溜めてから排水しましたが、とても勢いよく流れるようになりました。

スタッフより

洗面台のつまりは原因は毛髪であることが多いです。 洗面化粧台でブラッシングした後の抜毛などは排水に流さないことが重要です。ヘアピンや化粧品のふたフタを流される場合もあるので、水を流しながらの化粧などはしない方がよさそうです。 日常のちょっとした注意でつまり発生の原因を防げると思います。 つまり気味になった場合は早めにご依頼ください。