依頼内容

広島県廿日市のお宅で、トイレの水が便器に漏れている症状が出ており、修理のご依頼がありました。水道局の検診の際に水漏れの指摘があったそうです。 水道の検診は2ヶ月ごとですが、この際に水漏れがわかる場合が多いです。トイレの水漏れは以前からお気付きでしたが、「水道料金が上がるのは・・・」ということで修理のご依頼となりました。

作業前の状況

便器内に水が漏れていたのでタンク内部部品を確認したところ、フロートゴムの劣化が原因でした。 以前もトイレ水漏れが発生し他社でボールタップの交換修理済みでした。

提案内容

今回の水漏れ修理はフロートゴムの交換(出張費2000円+作業費3000+部品代)で済むことをお伝えしました。 今後故障発生が予想される部品と時期をお知らせしたところ、最新トイレの話題になりトイレ交換のご依頼となりました。

作業内容

TOTO ピュアレストQR リモデルタイプ(4.8L洗浄タイプ)このモデルは便器部分の凹凸がなくなりすっきりデザインです。タンクに給水する止水栓等も小型になるので、トイレ空間が広く使えるようになります。

スタッフより

便器・タンク部分は陶器製なので割れない限り半永久に使用できます。 ただそれ以外の部品は使用7年~30年ぐらいで順次交換が必要になりまが、一部トイレでは部品供給がストップして修理不可の場合もあります。 どのような修理が良いかはお伺いしたスタッフと良く相談して下さいね。 どのスタッフを丁寧に分かり易く回答できると思います。