依頼内容

広島県広島市南区のお宅で、トイレタンクの水を流すと床に水が流れる症状が出ており、修理のご依頼がありました。隅付タンクの洋式トイレを流すとタンクと便器を繋ぐ洗浄管から水が漏れてくる状態でした。 洗浄管が腐食して亀裂が入っていることが水漏れの原因です。30年以上使用しているトイレなので他の部品も劣化しており、ボールタップの効きが悪くオーバーフロー寸前でした。

提案内容

「壊れそうな部品は修理してほしい」とのご希望だったので、タンク内部品、便器とタンク接続部一式を交換を提案し、ご了承頂きました。

作業内容

タンク部品交換:ボールタップ、レバー、給水管、サイフォン管接続部品:洗浄管、スパッド 以上6点の部品交換をさせて頂きました。新築時の便器とタンクの設置位置が悪く洗浄管の取付調整が大変でしたが、1時間の作業で無事終了しました。

 

スタッフより

築年数が相当に経過している戸建住宅ではトイレのスペースが狭い場合が多いです。 トイレスペースが狭い場合に隅付タンク(壁のコーナーに設置している三角形のタンクのことです)を使用しますが、このトイレは部品構成点数が多いのでメンテナンスコストが高くなりがちです。 和洋式便器+隅付タンクの狭いトイレスペースでも設置できるリフォーム用の洋式トイレもありますので、今お使いのトイレに不満がある場合はご相談下さい!