依頼内容

広島県 広島市 西区のマンション1Fの飲食店様から、「天井より水が漏れてくるので至急直してほしい」との修理のご依頼がありました。

 

作業前の状況

到着してみると店舗は臨時休業されており、至急水漏れを止める必要があります。

漏水箇所を確認しようと店舗内に入るとジプトーンの天井(店舗や会社の天井部分に使われている石膏ボードのこと)がキレイに開口されており、バケツが置いて水受けにされていました。

このバケツが満水状態になりこぼれはじめていました。

この処置は前日に修理に来た弊社以外の水道業者さんが緊急対応処置されたとのこと。

緊急対応された業者さんが漏水原因と正確な漏水箇所の特定が出来ず、週明けに準備をしてから来ると言われたようで、弊社に依頼という流れとなったそうです。

当日調査

まずは漏水箇所の特定からスタート。

天候開口部から漏水箇所を見ると2Fからの排水管に水が伝って落ちてきています。

先の水道業者さんは「排水管の接続部からの水漏れの可能性が高い」という診断をされていたようですが、良く観察すると排水管から離れた基礎スラブ(コンクリート)部に水が染みた後が数カ所あります。

これは上の階のコンクリート基礎の上で水漏れが発生して水が広がっている可能性を示しています。

またおかしな事に、水が伝って漏れている排水管内に結構な量の水が流れている音がします。

これらの事から上の階の部屋の水栓類が開いたままで、排水管周辺から排水が漏れているのではないかと予想。

上階の水道メーターを確認するとパイロットメーターが勢いよく回っています。

この部屋の入居者が不在だったため、管理会社に連絡して水道メーターを閉める了解を得ました。

結果、階下の漏水はしばらくして止まりました。

2Fの部屋の室内を確認しないと漏水箇所と原因を特定できないのですが、入居者が出張で帰ってこれないようなので翌日に再調査することで1日目終了。

2日目調査

不動産管理会社立ち会いの上で調査開始。

メーターを開けて室内に入ったところ、トイレが流れっぱなしの状態でした。

トイレの水が流れ続けていたのは、金属製タンクレバーに錆が発生してレバーの戻りが悪くなっていたのが原因でした。

台所、風呂、洗面等の水栓金具(蛇口)及び排水口周辺の水漏れ(排水管つまりによる逆流の可能性があるため)をチェックしましたが全く問題ありませんでした。

1F店舗の漏水状況を確認するため、各水栓(蛇口)を開き水を流してみましたが漏水発生せず。

つまり給水管や給湯管やトイレ以外の排水管が問題ないことが確認できました。

最後に最も疑わしいトイレを2-3回流してみると階下の排水管周辺でポトポト漏水が発生。

以上の検証によりトイレ排水管周辺での漏水だとわかりました。

トイレの排水管は塩化ビニール製です。

この材質の「特徴は腐食しない、熱や耐震性に弱い等」ですが、1F天井の基礎コンクリート部分において目に見えるクラック(ひび割れ)がなく、排水管にひび割れ等の亀裂が発生するとは思えない状態です。

以上の状況を踏まえ、漏水の原因は便器と排水管の接続不良の可能性が高いことが判明しました。

 

提案内容

便器脱着して上でトイレ用の排水管に水を流して漏水するかどうかチェック。

漏水しなければ便器と排水管接続パッキン(ガスケット)の接続不良だと判明するので、そのような修理手順を説明。

トイレの部品も古くなっているので交換をお勧めしたところ、どうせならトイレごと新しくしてほしいとのご要望だったので、トイレ交換を伴う修理となりました。

作業内容

まずは便器を脱着して床の状態を見てみます。

排水管周辺に水が漏れたあり、排水管にホースを差し込み勢いよく水を流しても漏水せず。

やはり排水管と便器接続部のパッキン(ガスケット)の接続不良でした。

新しいトイレを設置してトイレを流しても漏水せず。

2日に渡る修理が終了しました。

作業スタッフより

マンション・アパート・2-3階建て戸建て住宅の階下漏水事故の修理が毎月発生しています。

漏水の原因は様々ですが一番多いのが給湯管からの水漏れ。次に多いのが排水管つまりによる排水逆流。給水管からの水漏れが3番目に多いです。

漏水箇所及び原因を特定するのは、その症状を良く観察した上で配管構造も理解出来ていないとうまくいきません。

高額な調査機器を使わず、むやみに床面を壊すことなく調査しますので、まずはご相談ください!!