依頼内容

広島市安佐北区のお宅で、「台所蛇口の奥からすごい勢いで水が出て止まらないので直ぐ来て!!」という修理のご依頼がありました。
弊社コールセンターで一時止水の仕方をご案内してからのお伺いです。

作業前の状況

お客様宅に到着して台所を確認したところ、台所水栓がありません。

お話をお伺いしたところ、「ホームセンターで蛇口を買ってきて取替してみたら左側の管がねじ切れた」とのこと。

よく見てみると混合水栓のお湯側の管が折れており、ちょっと大変な修理になりそうです。

今回のようなケースでは通常、キッチン取り外し、奥の壁を開口、給湯管補修となります。

キッチンの取り外しが簡単にできない場合などもあるので、どちらにしても短時間で安価な修理が難しくなる場合が多いです。

ラッキーなことにこのお客様宅の台所給湯管(銅管)が屋外外壁に穴を開けてキッチン水栓取付部までストレートに配管されています。

以前に壁の中で給湯管が水漏れし、屋外露出配管でやり直したようです。

 

 

 

提案内容

1.給湯管の屋外部分で切断し、そこから配管をやり直すこと。

2.お客様が水栓取付することはリスクがあるので、弊社が取付すること。

以上の内容を説明し、ご了承いただきました。

 

作業内容

屋外給湯管を立ち上がり部分から切断し、屋内水栓取付部までやり替えました。

屋外露出分の保温材取付、屋内側で台所水栓取付を行い作業終了。

作業スタッフより

水栓の交換は簡単そうに見えますが、水栓取り外しや取付のちょっとした力加減を誤ると今回のような事態を招きます。

また取付後、数か月してから壁の奥で水が漏れて床面や根太などの木材が腐ることもあるので、ご自分で水栓取替する場合は注意して下さい。

万一のリスクを考慮するとあまりお勧めできないのが正直な感想です。